伊勢現代美術館Local public bath “Sento”写真展、無事終了。

2022年Local public bath “Sento”伊勢現代美術館写真展会場
2022伊勢現代美術館Local public bath “Sento”松原豊写真展

2022年1月6日〜三重県南伊勢町五ヶ所浦の海沿いの伊勢現代美術館で開催していた
松原豊写真展Local public bath “Sento”を先日2月13日無事に終えることができました。貴重な機会を与えていただいた伊勢現代美術館さん、会場に足を運んでいただいた方々、また広報にご協力いただいたメディア関係の方々ありがとうございました。会期後半からはまん延防止措置の関係で三重県外の方に足を運んでいただけなくなってしまったことがほんとに残念でした。三重の海沿いの風景を写真展と併せて見てもらいたかったのです。(連絡をいただいた方々すみませんでした。コロナ禍での開催でしたので会場に足を運んでいただけなかったことは本当に残念な気持ちです。)

伊勢現代美術館2階ギャラリーからのおだやかな海の風景
2022伊勢現代美術館1階の中庭

約1ヶ月間の開催のうち土日祝日はできる限り在廊するように致しました。(不在でお会いできなかった方々すみませんでした。)今回の写真展の様子は毎日新聞、伊勢新聞、全国浴場新聞、 Yahoo!ニュース、47NEWS、ZTV、その他web媒体などでお知らせしていただきました。SNSやwebでの情報配信もあり、また美術館での開催ということもあってはじめてのお会いする方も多かったです。新聞記事を見てくれて数十年ぶりに会う方もいてお互いに生存確認をする場面もありました。




伊勢現代美術館さんには特設販売ブースをかわいくポップに作っていただきました。

2022年Local public bath “Sento”伊勢現代美術館写真展販売ディスプレイ

Local public bath “Sento”関連の冊子、ポスター、ポストカードなどは引き続き松原の運営するwebショップ「shop0369」にて販売致しておりますのでよろしければ一度ご覧になってみてください。



ちょうどこの会期と同時並行で三重県伊勢市の月兎舎が発行する季刊誌NAGIで三重県の銭湯を巡る特集の取材も動いていました。NAGIは3月1日は発売です。三重県の現役銭湯をすべて網羅した特集記事、NAGIだからできた?かもしれません。私ももちろん銭湯に通いながら取材撮影担当させていただきました。中学時代の同級生で私に銭湯の魅力を教えてくれたケロリン桶太郎のテキストも掲載されます。仕上がりを楽しみにしていて下さい。



三重県の銭湯を撮影したLocal public bath “Sento”の写真展はこのあと5月から6月にかけて岡山にある写真家の山口聡一郎さんが運営する写真専門ギャラリー「gallery722」で2ヶ月間の展示になります。中国地方の方々、楽しみにしていてください。コロナ禍が落ち着いていれば会場でのトークなども開催したいと思います。

gallery722(ホワイトガーデン内)
〒709-0601 岡山県岡山市東区吉井208
営業時間:10時〜17時
定休日:水木定休、
電話
086-238-4533
 

松原の今後の動きなど

2月18日〜:松原が運営するgallery0369で田中ヒロ写真展を開催

2月19日:関西初!雑誌「写真」誕生の背景を知る!制作秘話を聞く!gallery176) トークイベント進行司会役担当/会場参加満員御礼、現在web配信の空席あり

5月〜6月:gallery722でのLocal public bath “Sento”写真展開催

このようなスケジュールとなっております。

今後とも宜しくお願い致します。

220320界隈写真展広報チラシ


 
 
 
 



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。