HOME > NEWS2015

松原が撮影担当させていただきました。宗教人類学者植島啓司著「伊勢神宮とは何か」集英社より2015.08.12発刊

宗教人類学者植島啓司氏著「伊勢神宮とは何か-日本の神は海からやってきた」(集英社新書ヴィジュアル版)

2015.08.12発刊の宗教人類学者植島啓司氏著「伊勢神宮とは何か-日本の神は海からやってきた」(集英社新書ヴィジュアル版)の撮影担当をさせていただきました。植島先生の長年のフィールドワークの結晶です。是非お手にとってお読みいただければと思います。



新聞書評欄で紹介されました。

朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/DA3S11962578.html
産経新聞
http://www.sankei.com/life/news/150913/lif1509130014-n1.html




2015.09.20図書館連携セミナー「伊勢神宮フィールドワーク」に松原も参加させていただきます!

無事終了することができました。多数のご来場ありがとうございました。当日の様子は産経新聞さんに掲載してもらいました。

三重県立図書館では、県全体の図書館サービス向上のための取組として市町立図書館との連携を進めており、このたび、志摩市の図書館との共催により「伊勢神宮」をテーマとした講座を、9/20志摩市磯部生涯学習センター 多目的ホールにて14時から開催します。サミット開催に沸く伊勢志摩の地で多角的に伊勢神宮の深層を探るこの講座が、伊勢神宮の新たな一面を発見する機会になればと思います。(三重県立図書館より抜粋)



1 日時 平成27年9月20日(日曜日)14時から15時30分まで(13時30分開場)
2 場所 志摩市磯部生涯学習センター 多目的ホール(志摩市磯部町迫間878番地9)
3 出演 植島啓司氏(宗教人類学者)、櫻井治男氏(皇學館大学文学部特別教授)、松原豊氏(写真家)聖地研究の第一人者であり、伊勢神宮やその周辺を何度も調査のために訪れ、このたびその集大成として集英社新書ヴィジュアル版『伊勢神宮とは何か』を上梓された植島啓司氏、伊勢神宮や神道文化研究の第一人者である櫻井治男氏、新書の写真を担当された松原豊氏をお迎えし、それぞれの視点から伊勢神宮についてお話しいただきます。
4 定員 先着200名(事前申込制)
5 参加費 無料
6 申込 三重県立図書館まで、入場を希望される方のお名前、電話番号をお知らせください。
    電話:059-233-1181 ファックス:059-233-1191 窓口:三重県立図書館カウンター
    電子メール:mie-lib@library.pref.mie.jp ホームページ:専用の申込フォーム 
    *申込フォーム
     (パソコン)https://www.shinsei.pref.mie.lg.jp/uketsuke2/dform.do?acs=20150920
     (スマートフォン)https://www.shinsei.pref.mie.lg.jp/uketsuke2/sform.do?acs=20150920
     (携帯電話)https://www.shinsei.pref.mie.lg.jp/uketsuke2/iform.do?acs=20150920
7 主催 三重県立図書館、志摩市歴史民俗資料館・磯部図書室


NODEにて参加!THE TOKYO ART BOOK FAIR 2015(09.19-09/21)

無事終了することができました。ご来場ありがとうございました。
NODE3写真展は2016年初旬開催予定です。

今年もArtBookFairに「NODE」のブースで出展しています。NODEの活動も3年目、より輪郭がはっきりしてきた今期の写真集をお手にとってご観覧ください。私は今年撮影した三重のランドスケープを掲載しています。
NODEブースは2階のHホール19、20、21日の3日間。
19日は15時から21時まで。20、21日は12時から19時まで。是非会場へお越し下さい。(松原は三重での仕事のため不在になります。申し訳ありません。)


©小林 正秀(NODE)

THE TOKYO ART BOOK FAIRは,2009年にスタートしたアート出版に特化した日本で初めてのブックフェアです。 年に一度のペースで開催し,個性豊かなアートブック,カタログ,アーティストブック,そしてZINEなどを出版するアーティストや出版社が一同に集結する場所として着実に成長し,アジアで最大規模のアートブックフェアとなっています。毎回,国内外の出版社やギャラリー,アーティストら約300組が出展,3日間のイベントながら,1万人以上の方にご来場いただいています。

先進的なブックメイキングを続けるアーティストや出版社が作る魅力的な出版物で彩られたブースのほか,特別展,トーク,スクリーニングなどさまざまなイベントを会期中に開催しています。THE TOKYO ART BOOK FAIR は,アジアにおけるアートブック文化を牽引するフェアになることを目指し,ユニークな進化を続けるアートブックの世界観を体感することができる機会を創出しています。(TABF HPより抜粋)

NODEの詳細はこちら